医療 外科

ガン治療における外科の役割

医療における外科治療の出番は、以前よりもかなり少なくなるようになってきました。
それは、死亡原因のトップであるガンにおいても同じです。
例えば、以前までの抗ガン剤は、作用が広範囲であることが多い傾向がありました。
そのため、ガン細胞以外への作用が、大きかったのです。
もちろん現在でも抗ガン剤は、ガン細胞以外にも作用します。
しかし、抗ガン剤が発達したことによって、その作用範囲が狭くなるようになりました。
作用範囲が狭くなるということは、ガン細胞以外が抗ガン剤の影響を受けにくくなります。
そのぶん抗ガン剤を、集中的あるいは大量に投与することで、ガン細胞を攻撃することが可能です。
こうした抗ガン剤の発達によって、外科治療を実施しなくても良いケースが増えたのです。
いっぽうで、発達した抗ガン剤を使用しても、十分な効果が発揮出来ないガンも存在します。
したがって、現在でもガン治療における外科の役割は、大きなものがあるのです。

https://www.tokiwa-inc.com/
静岡県藤枝市にある整骨院なら24時間メール受付していますので何でもご相談ください

ひどい痛みや痺れでもWaDit治療で直ぐに和らぐ

個室診療ならやすだ歯科

銀歯から白い歯へ

学校や仕事が忙しくて診療時間内に行けない

サンプルイメージ1

医師のモラルが求められる

美容皮膚科や美容外科、美容内科などで行われる治療は、本来の医療行為とは根本からして異なります。

サンプルイメージ2

外科の先生は経験が重要になる

美容皮膚科や美容外科、美容内科などで行われる治療は、本来の医療行為とは根本からして異なります。

初期の段階で処置を行うと安心です

虫垂炎は、多くの人が経験する疾患です。
人間の虫垂部は、発達の過程で不要になった経緯があります

現代医療の中心的存在となった外科

診療科とは、病院やクリニックなどの医療機関における診療の専門分野のことを指します。
外科とは、

Copyright© 医療 外科 All Rights Reserved.